ヘルニアや脊柱管狭窄症にモットンはどのように効果があるの?

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症とモットンの関係

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に共通することは

 

「腰に負担がかかっていて腰回りの骨がずれてしまっていること」

 

です。

 

椎間板ヘルニアは腰に負担がかかり軟骨がはみ出て神経を刺激することによって痛みを感じます。

 

脊柱管狭窄症も腰に負担がかかり坐骨などがずれることによって脊柱内の神経を圧迫し痛みを感じます。

 

両方に必要なこととして、

 

「とにかく腰に負担をかけないこと」

 

です。

 

日中起きているときに腰に負担をかけないようにすることは意識できますが、寝ているときは腰への負担を意識することはできません。

 

なので、寝具を見直す必要があるのです。

 

人間は一生のうち約3分の1をベッドの上で過ごすと言われています。

 

なので、この寝具にお金をかけるというのはとても大事なことだと私は感じています。